連続テレビ小説『なつぞら』 107話あらすじ

連続テレビ小説『なつぞら』 107話あらすじ

なつ(広瀬すず)が原画、
坂場(中川大志)が演出を務めた漫画映画は大失敗。

坂場はその責任を取り、
東洋動画に退職届を提出する。

その後、
なつの元を訪れた坂場は、
アニメーターとして終わった、
自分との約束を忘れてくれ、
となつに言う。

坂場からの一方的な申し入れに、
なつは坂場への思いを一気に話し、
その場から去る。

帰宅以来、
部屋にこもりきりのなつを心配した亜矢美(山口智子)は
咲太郎(岡田将生)に相談するが…。

連続テレビ小説『なつぞら』カテゴリの最新記事