連続テレビ小説『なつぞら』 108話あらすじ

連続テレビ小説『なつぞら』 108話あらすじ

なつ(広瀬すず)から
事情を聞いた咲太郎(岡田将生)は、
妹の不憫(ふびん)さに胸が締め付けられる。

その時、
なつを訪ねて坂場(中川大志)が風車にやってくる。

なつに謝罪をしたいという坂場に対し、
どうしても許すことができない咲太郎は、
帰れと言う。

しかし、
なつと咲太郎、亜矢美(山口智子)を前に、
坂場はこれまで口にしてこなかったなつへの思いを語り出す。

なつと結婚させてほしいと懇願する坂場に、
兄の咲太郎は…。

連続テレビ小説『なつぞら』カテゴリの最新記事