連続テレビ小説『なつぞら』 122話あらすじ

連続テレビ小説『なつぞら』 122話あらすじ

麻子(貫地谷しほり)が日本に帰ってきた。

なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)を訪ねてきた麻子を自宅に招き入れ、三人は久しぶりの再会を喜ぶ。

麻子はアニメーションの世界に戻り、製作会社を立ち上げていた。

準備を進めている麻子は、一緒にテレビ漫画を作らないかと坂場に持ちかける。

同じくアニメーションの世界へ戻りたい坂場にとっては、麻子からの誘いは願ってもないはずだが、坂場は黙り込んでしまい…。

連続テレビ小説『なつぞら』カテゴリの最新記事