連続テレビ小説『なつぞら』 156話(最終話)あらすじ

連続テレビ小説『なつぞら』 156話(最終話)あらすじ

嵐の翌日、
復旧作業に追われていた。

荒れ果てた天陽の畑では
靖枝(大原櫻子)が
ジャガイモを掘り起こしており、
なつ(広瀬すず)と泰樹(草刈正雄)も手伝う。

照男(清原翔)と砂良(北乃きい)も
散らかった小屋で落胆していたが、
再び一からやり直すことを決意。

一方、麻子(貫地谷しほり)から
次回作について
電話を受ける坂場(中川大志)。

再び、
皆日常の中でせわしなく
自分の道を切り拓いていくのだった。

連続テレビ小説 なつぞら 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]
NHKエンタープライズ (2019-08-23)
売り上げランキング: 2,018