連続テレビ小説『スカーレット』4話 あらすじ

連続テレビ小説『スカーレット』4話 あらすじ

昭和22年滋賀・信楽。

9歳の川原喜美子(川島夕空)は
学校の給食が大好き。

父・常治(北村一輝)が連れてきた
謎の男・草間(佐藤隆太)の
食費が増えたせいで
給食費が払えない危機を知ると、
喜美子は草間に
早く出て行ってもらおうと考える。

心に栄養が足りないという
草間を元気づけるため、
陶芸家の家に押しかけ、
焼き物を見せてもらう。

だが作品は喜美子にとって不格好で、
悪気なくけなしてしまう。

草間から喜美子へ思わぬ言葉が

連続テレビ小説『スカーレット』カテゴリの最新記事