連続テレビ小説『スカーレット』24話 あらすじ

連続テレビ小説『スカーレット』24話 あらすじ

18歳になった喜美子(戸田恵梨香)の元に、
信楽の友人・照子(大島優子)から
度々手紙が届く。

内容は恋愛にまつわるものばかり。

喜美子は幼い頃、
照子としたファーストキスを思い出す。

荒木荘でも
医学生の圭介(溝端淳平)に恋の予感。

喜美子は
食欲のない圭介を心配して声をかけると
「胸がうずくねん」と言われ、
意中の相手は先日、
道ですれ違った
名も知らぬ女性だと打ち明けられる。

喜美子は圭介の恋に協力を申し出るが、
実は…