連続テレビ小説『スカーレット』32話 あらすじ

連続テレビ小説『スカーレット』32話 あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)の
帰郷を聞きつけた仲間たちが
集まって大宴会。

父・常治(北村一輝)が
荒木荘に喜美子が辞める連絡をしたことがわかり、
喜美子は大阪で働きながら、
美術学校に行く夢を明かす。

しかし
川原家に響く
不協和音を治める役目を
喜美子に期待する常治は
頑として認めない。

喜美子も折れず、
仲たがいしたまま翌日を迎える。

再び大阪に戻るつもりで
家を出た喜美子。

道中、
信作(林遣都)と出くわし、
驚きの事実を聞く。

連続テレビ小説『スカーレット』カテゴリの最新記事