連続テレビ小説『スカーレット』66話 あらすじ

連続テレビ小説『スカーレット』66話 あらすじ

常治(北村一輝)から課された
結婚への条件、
八郎(松下洸平)の
陶芸展での受賞を叶えるため、
喜美子(戸田恵梨香)は
八郎を支えながら陶芸練習に勤しむ。

だが作品作りは思うようにいかず、
出品期限が近づく。

喜美子は
八郎を気分転換に
信作(林遣都)の実家で、
開店間近のカフェに誘う。

すると信作が
見知らぬ女性と一緒にいるところを目撃。

さらに珈琲茶碗作りを頼まれる。

八郎に負担をかけることになり、
悩んだ喜美子は断ろうと…

連続テレビ小説『スカーレット』カテゴリの最新記事