連続テレビ小説『スカーレット』88話 あらすじ

連続テレビ小説『スカーレット』88話 あらすじ

八郎(松下洸平)と三津(黒島結菜)の
親密さが気になる喜美子(戸田恵梨香)。

そんな気持ちを押し殺し
発注を受けた200枚の小皿作りを始める。

三津は集中して作陶する
喜美子の姿に圧倒され、
八郎も喜美子の才能を認めて
自分以上だと評価していると思わず明かす。

一方、
喫茶店を訪れていた八郎の元に
柔道着姿の照子(大島優子)と信作(林遣都)が帰ってくる。

照子に投げ飛ばされた信作が八郎に泣きつき、
結婚の条件が明らかに…


連続テレビ小説 スカーレット 完全版 DVD BOX1

連続テレビ小説『スカーレット』カテゴリの最新記事