連続テレビ小説『スカーレット』94話 あらすじ

連続テレビ小説『スカーレット』94話 あらすじ

かわはら工房の電気窯が故障。

喜美子(戸田恵梨香)が作陶した大量の小皿は
期日に間に合わせねばならず、
照子(大島優子)の好意で
丸熊陶業の窯で焼いてもらうことに。

八郎(松下洸平)は
信楽焼のカケラの色を出したいと願う喜美子に
ある提案をする。

一方、
信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)は
正式に結婚の挨拶をしたいと探っている。

しかし
窯の故障騒ぎでタイミングを逃し、
電話越しに秘めた思いを確かめ合う。

連続テレビ小説『スカーレット』カテゴリの最新記事