連続テレビ小説『スカーレット』120話 あらすじ

連続テレビ小説『スカーレット』120話 あらすじ

久しぶりに親子三人で夕食を食べる直前、
武志(伊藤健太郎)が気まずいと言い出す。

それを聞いた喜美子(戸田恵梨香)は
八郎(松下洸平)に他人行儀な態度をやめて、
普通にしようと提案。

喜美子は自ら実践するため、
あえて八郎をハグするが、
逆に意識してしまう。

動揺する喜美子に対して、
八郎が辞めてしまった陶芸への思いを口にする。

冷静になった喜美子は
八郎に新たな提案をする。

聞いていた武志が二人の会話に割って入り…


連続テレビ小説 スカーレット 完全版 DVD BOX1

連続テレビ小説『スカーレット』カテゴリの最新記事