連続テレビ小説『スカーレット』126話 あらすじ

連続テレビ小説『スカーレット』126話 あらすじ

信作(林遣都)の質問攻めに
怒った百合子(福田麻由子)は出て行ってしまう。

残された信作の元に、
5人組の女性客が来店。

さらに次々と客が押し寄せて、
信作は大量注文に慌てる。

やがて百合子が店に戻ってくると、
信作の姿はない。

百合子は
ラジカセのカセットテープが動いているのに気づき再生すると、
信作の声が聞こえてきて…

その晩、
温泉旅行から帰ってきた
大野(マギー)と陽子(財前直見)は
信作と百合子の意外な様子を目撃。


連続テレビ小説 スカーレット 完全版 DVD BOX1

連続テレビ小説『スカーレット』カテゴリの最新記事