連続テレビ小説『スカーレット』146話 あらすじ

連続テレビ小説『スカーレット』146話 あらすじ

完成した武志(伊藤健太郎)の大皿が
小さな音を立てていることに気づいた喜美子(戸田恵梨香)。

本焼きした陶器を細かなひびが彩るときの現象だが、
武志は“生きている”皿に勇気をもらう。

しかし日に日に武志の食欲が落ちて、
案じる喜美子。

ある日、
市役所の若手が訪ねてきて、
信楽の作品を集めた陶芸展に
喜美子の陶芸教室から出品してほしいと頼まれる。

喜美子は快諾し、
作品を仕上げた直後の武志にも知らせる。

武志は考えた末…

連続テレビ小説 スカーレット 完全版

『スカーレット』全話見るなら、AmazonのNHKオンデマンド

連続テレビ小説『スカーレット』カテゴリの最新記事