連続テレビ小説『エール』1話 あらすじ

連続テレビ小説『エール』1話 あらすじ

激動の昭和という時代、
音楽の力で人と人とを結んで勇気づけたある夫婦の物語。

昭和39年、10月10日、
東京オリンピック開会式の日。

聖火ランナーが東京の街を走り、
国立競技場でまもなく開会式がはじまろうという時、
会場に来ていた古山裕一(窪田正孝)が姿を隠してしまう。

あわてて裕一を探しまわる妻の音(二階堂ふみ)。

裕一は、
自分が作曲した開会式の音楽を
皆が受け入れてくれるか不安だったのだが、
その時…

連続テレビ小説 エール Part1 (1)

連続テレビ小説『エール』カテゴリの最新記事