連続テレビ小説『エール』42話 あらすじ

連続テレビ小説『エール』42話 あらすじ

音楽学校の記念公演の最終選考に、
千鶴子(小南満佑子)と残った音(二階堂ふみ)だったが、
環(柴咲コウ)から今のままでは
千鶴子に勝つのは難しいのではと言われる。

音が歌を通して何を伝えたいのかが
何も伝わってこなかったというのだ。

どうせ自分には才能がないとやけになる音に、
久志(山崎育三郎)は伝えたいことを明確にするためには、
まずは「椿姫」の世界を理解することだとアドバイスをする。

そして…

連続テレビ小説『エール』カテゴリの最新記事