連続テレビ小説『エール』 43話 あらすじ

連続テレビ小説『エール』 43話 あらすじ

記念公演の最終選考に向けて、
男女の機微を実践で学ぼうと、
男女の社交場であるカフェーで
一週間の臨時雇いで働くことにした音(二階堂ふみ)。

音の夢に協力したくて
カフェーで働くことを許した裕一(窪田正孝)だった
が音のことが心配で仕方がない。

たまたま古山家にやって来た鉄男(中村蒼)に頼み込んで、
様子を見に行ってもらう。

ところが、
音と一緒に働いている希穂子(入山法子)を見た鉄男は…。

連続テレビ小説『エール』カテゴリの最新記事