連続テレビ小説『エール』 44話 あらすじ

連続テレビ小説『エール』 44話 あらすじ

音(二階堂ふみ)の記念公演の最終選考まであとわずか。

選考に向けて必死に練習する時期に、
音がカフェーで働いたり、
結婚もしていることをはじめて知って、
千鶴子(小南満佑子)は
「私のすべてをかけて、プリマドンナを勝ち取って見せる」と宣言する。

一方、鉄男(中村蒼)は
再会した希穂子(入山法子)をたずねて
カフェーにやってくる。

ちゃんと話がしたいと話す鉄男に、
希穂子は冷たい態度をとる。

連続テレビ小説『エール』カテゴリの最新記事