連続テレビ小説『エール』 50話 あらすじ

連続テレビ小説『エール』 50話 あらすじ

環(柴咲コウ)から、
たとえお腹の子供が危険なことになっても
舞台に立つプロとしての覚悟があるかを問われた
音(二階堂ふみ)は思い悩む。

つわりで体調がすぐれない音に
裕一(窪田正孝)は、
体を大事にすることが一番だと
稽古を休むことをすすめるが、
音は機嫌を悪くしてしまう。

その後も
練習に参加できない日々が続いたある日、
音がいなくなってしまう。

あちこち探し回った裕一は
音の姿を見つけて…。

連続テレビ小説『エール』カテゴリの最新記事