連続テレビ小説『エール』 71話 あらすじ

連続テレビ小説『エール』 71話 あらすじ

昭和12年。

日中戦争が起こって、
日本は次第に戦時体制となりつつあったが、
まだ国民の生活に大きな影響はなく、
裕一(窪田正孝)たちも
以前と変わらない暮らしをしていた。

ある日、
裕一は新聞の公募で入選した
「露営の歌」の歌詞を見かけて、
あっという間に曲を書きあげる。

久志(山崎育三郎)の歌で
売り出されたこの曲は、
国民の心をとらえて
出征する兵士の見送りに歌われるようになり、
大ヒットする。

連続テレビ小説『エール』カテゴリの最新記事