連続テレビ小説『エール』 73話 あらすじ

連続テレビ小説『エール』 73話 あらすじ

吟の夫の智彦(奥野瑛太)から依頼された
映画「暁に祈る」の主題歌制作。

軍は厳しく、
鉄男(中村蒼)の歌詞は
何度書き直してもOKが出ない状況が続いていた。

一方、
音(二階堂ふみ)の音楽教室に来ている弘哉(外川燎)は、
歌が下手で教室を辞めようとする。

しかし、
裕一(窪田正孝)に教えてもらったハーモニカで参加するようになり、
華(田中乃愛)もなついて家族ぐるみでつきあいを深めるようになる。

連続テレビ小説『エール』カテゴリの最新記事