連続テレビ小説『エール』 75話 あらすじ

連続テレビ小説『エール』 75話 あらすじ

古山家をたずねてきた藤堂先生(森山直太朗)から、
出征することになった自分の事を思って
歌詞を書いてくれないかとお願いされた鉄男(中村蒼)は、
気持ちを込めて歌詞を書く。

数日後、
完成した歌詞を携えて裕一(窪田正孝)と鉄男は
陸軍の智彦(奥野瑛太)の元を訪れる。

戦いに行く人の心に近づきたいと祈りながら書いた
「暁に祈る」は、
やがて世に出て大ヒット。

ついに福島三羽ガラスが世に出る!

連続テレビ小説『エール』カテゴリの最新記事