連続テレビ小説『エール』 101話 あらすじ

連続テレビ小説『エール』 101話 あらすじ

裕一から
「受けてみたら?」と
背中を押されて受けることにした
「ラ・ボエーム」のオーディションに向けて、
音(二階堂ふみ)は
ベルトーマス(広岡由里子)とのレッスンや
自宅での自主トレーニングで
一生懸命練習を重ねる。

そのかいもあって、
音は一次審査を無事通過する。

バンブーでのお祝いの会に、
みんなに話があると
藤丸(井上希美)と一緒にやってきた
久志(山崎育三郎)たちの話に
一同はびっくりする。

連続テレビ小説『エール』カテゴリの最新記事