連続テレビ小説『エール』 119話 あらすじ

連続テレビ小説『エール』 119話 あらすじ

東京オリンピックが終わり、
裕一(窪田正孝)の元に、
小山田耕三(志村けん)が亡くなる直前に
裕一に宛てて書いたという手紙が、届けられる。

その手紙に書かれていた
小山田の最後のメッセージとは…。

それから時が流れ、
裕一は病に伏す音(二階堂ふみ)の療養ため、
東京を離れて静かな生活を送っていた。

ある日、作曲家を目指しているという
広松寛治(松本大輝)という青年が
裕一を訪ねてくる。

連続テレビ小説『エール』カテゴリの最新記事