NHKドラマ 連続テレビ小説『おちょやん』 111話 あらすじ 

NHKドラマ 連続テレビ小説『おちょやん』  111話 あらすじ 

放送日

2021年5/10月

おちょやん 111話 あらすじ
栗子なき家で、養子にむかえた春子(毎田暖乃)と一緒に暮らす千代(杉咲花)。大人気となったラジオドラマ「お父さんはお人好し」の仕事も順調だった。一平と離縁してから、2年の月日が流れていた。そんなある日、熊田(西川忠志)が訪ねてくる。鶴亀を退社する熊田の願いは、千代に一日だけ鶴亀新喜劇の舞台に立ってほしいというものだった。そして帰り際、千代に差し出したのは、一平(成田凌)が書き上げた新作の台本だった…

連続テレビ小説『おちょやん』カテゴリの最新記事