NHKドラマ 連続テレビ小説『おちょやん』 113話 あらすじ 

NHKドラマ 連続テレビ小説『おちょやん』  113話 あらすじ 

放送日

2021年5/12水

おちょやん 113話 あらすじ
春子(毎田暖乃)を連れ、2年ぶりに道頓堀に帰ってきた千代(杉咲花)。シズ(篠原涼子)やみつえたちと再会を果たす。聞きつけた鶴亀新喜劇の団員も岡福うどんに押し寄せる。新しい家族ができたと喜ぶ春子の笑顔に千代も救われるのだった。夜、看護婦になりたいという春子の夢を応援しようと切り出す千代だったが、勉強が苦手な春子の「無理な夢は最初から諦めるべき」という態度が気にかかる。夜も更け、千代はある台本を開く…

連続テレビ小説『おちょやん』カテゴリの最新記事