NHKドラマ 連続テレビ小説『おちょやん』 115話 最終回 あらすじ 

NHKドラマ 連続テレビ小説『おちょやん』  115話 最終回 あらすじ 

放送日

2021年5/14金

おちょやん 115話 あらすじ
女優・竹井千代(杉咲花)が、再び道頓堀の舞台に立つ日を迎えた。客席には春子(毎田暖乃)や岡福うどんのシズ(篠原涼子)たち家族はもちろんのこと、岡安のかめやお茶子たち。さらには、長澤(生瀬勝久)や当郎(塚地武雅)をはじめとしたラジオドラマの出演者・スタッフまで、千代の晴れ舞台に駆けつけたのだった。舞台「お家はんと直どん」は、始終笑いに包まれながら、千代と一平(成田凌)の二人の場面に突入するのだった…

連続テレビ小説『おちょやん』カテゴリの最新記事